mekiku.com logo

Windows 10への強制アップグレード、マイクロソフトの設定ミスが原因

最終更新:2015年10月16日

先日から立て続けに書いているWindows 10への強制アップグレードの件ですが、どうやらマイクロソフトの「ミス」だそうで……。

情報源

日本語圏のニュース、本当に少ないですね……。

Windows Updateすると勝手にWindows7/8がWindows10にアップグレードされるエラーが発生 - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20151016-windows-10-automatically-update/
※挙げられている2つめのリンク先は、本件とは異なる記事なので注意。

日本語圏ではどうにもならないので、英語圏から。

Windows 10 upgrade installing automatically on some Windows 7, 8 systems | Ars Technica
(「Windows 10 へのアップグレード、Windows7,8で自動でインストール」)
http://arstechnica.com/information-technology/2015/10/windows-10-upgrade-installing-automatically-on-some-windows-7-8-systems/

上記記事が本件での最大の功労者のようです。他のサイトは概ねこの記事を基にしています。

Updategate: Microsoft is now installing Windows 10 by default in Windows Update- The Inquirer
(「アップデート疑惑:マイクロソフト、Windows 10をWindows Updateでデフォルトインストール」)
http://www.theinquirer.net/inquirer/news/2430786/updategate-microsoft-is-now-installing-windows-10-by-default-in-windows-update

Microsoft says it will no longer check Windows 10 upgrade option by default in Windows Update | Windows Central
(マイクロソフトいわく、今後はWindows 10へのアップグレードをデフォルト設定しないとのこと)
http://www.windowscentral.com/microsoft-says-it-will-no-longer-check-windows-10-upgrade-default-windows-update

あの強制アップデートは設定ミスだったそうです。

ちなみに、Ars Technicaの記事では、「((Windows 10の)インストーラーは、人による操作をしないと実際には進まないようになっている」とのことなので、完全自動ではないようです。

しかし直後に「しかし、注意していないと、予想よりも早い時点でアップグレードされてしまうことになります」とも書かれていますね。実際にアップグレードされる際の画面はないようです。

Ars Technicaからの質問への、マイクロソフト側の回答

回答部分の引用と、とりあえずの訳です。

(原文)
As part of our effort to bring Windows 10 to existing genuine Windows 7 and Windows 8.1 customers, the Windows 10 upgrade may appear as an optional update in the Windows Update (WU) control panel. This is an intuitive and trusted place people go to find Recommended and Optional updates to Windows. In the recent Windows update, this option was checked as default; this was a mistake and we are removing the check.

(和訳)
当社(マイクロソフト)からの、Windows 10を、正規のWindows7および8.1の顧客に届けようとする尽力の一環として、Windows 10へのアップグレードがWindows Updateコントロールパネルのオプション項目に現れる場合があります。(Windows Updateの)「重要」および「オプション」の項目は、人々にとって直観的で信頼できる場所といえるからです。先日のWindows Updateでは、このオプション項目が初期設定でチェックされていました。これは設定ミス("mistake")であり、現在このチェックを解除しているところです。

傾向と対策

しばらく前から「予約してないのに勝手にWindows 10アップグレードファイル(ISOファイル、最大6GB)をダウンロード」「Windows 7,8,8.1にもマイクロソフトへの情報送信させるパッチを公開」など、すべてのWindowsを「10」にしようとマイクロソフトが必死なことは明らかです。

今回のことは「ミス」だったそうですが、この調子では今後もミスが繰り返される可能性は否定できません。

Windows 10にする気がない場合は、先日の2つの対応策などを「今後も、少なくとも2016年7月までは」やってみてもいいのではないでしょうか。

Windows 10強制アップグレードの回避手順(2015年10月定例Windows Update) - mekiku.com
http://mekiku.com/view.php?a=27

Windows 10強制アップグレードの回避手順2(2015年10月中盤時点) - mekiku.com
http://mekiku.com/view.php?a=28



◀(前記事)Windows 10への強制アップグレードの件(続き)
▶(次記事)Windows 10強制アップグレードの回避手順2(2015年10月中盤時点)

(一覧)[1.お知らせ (info)]