mekiku.com logo

Outlookで受信した前ロールが、mekikuで文字化けする場合について

最終更新:2017年10月25日

マイクロソフトのOutlookは、Officeについている統合情報管理ツールで、カレンダーもメールも連絡先も一括で扱えることもあり、利用者は多いと思います。

しかし、Outlookのメール機能には、奇妙な挙動がみられます。それは「Unicodeのテキストファイルが勝手にUTF-8になる」こと(正確にはUTF-16のテキストがUTF-8になる、ですがメモ帳などでの記載が「Unicode」なので……)。この挙動は拡張子に関わらず起こります(実際に「exe」や「dll」などの通常はテキストではない拡張子や、Windowsに登録していない適当な拡張子でもUTF-8にされてしまいました)。なお、同一のメールを他のソフトで受信した場合は元のままなので、明らかにOutlookの問題です。

その結果、Unicodeで作った前ロール(meditのmktファイルなど)をOutlookで受信すると、UTF-8になってしまいます。現行のmekikuでは前ロールでUTF-8に対応していないため、読み込むと文字化けしてしまいます。

現状では(Outlook以外を使う、という方法を除くと)、対策は2つです。

・送信側がzipアーカイブにして送信する(zip内のテキストは改変されないようです)。
・受信側がUTF-8をUnicode(UTF-16)に変換する。

ちなみに拙作meditは、UTF-8の「読み込み」には対応しているので、meditで読み込んで、メニューの「Unicodeで保存」を選んで保存すれば、Unicodeに再変換されます。


▶(次記事)Thunderbird 52.4でメーリングリスト返信時の挙動を直す

(一覧)[1.お知らせ (info)]